プラセンタの選び方|プラセンタの口コミランキング

プラセンタの選び方

プラセンタの選び方

プラセンタといってもたくさんありますよね。 プラセンタが入っています!という宣伝もよく見聞きしますが、本当に効果があるのかどうかは見た目では判断できません。 プラセンタは原料の品質と抽出方法によって効果が変わってきます。

 

良質なプラセンタの選び方はその品質・抽出方法を知ることにはじまります。 プラセンタの選び方で原料の品質といいました。 いろいろな哺乳動物の胎盤を原料として使用していますが、意外に種類よりも育った環境のほうが重要だったりします。

 

豚の場合は1にデンマーク産の豚、2にSPF豚です。 徹底した品質の中で育てられたブランド品に値します。 馬の場合はやはりサラブレッドです。 アミノ酸含有量を豚と比較してもその差が歴然であるように注目を集めているプラセンタです。

 

サラブレッドが優れているというのは競走馬であるためすべて血統書付になり、一頭一頭が大切に育てられていることがよくわかるためです。 羊の場合は食用ではなく医療用動物として育てられている羊のプラセンタを使用している点に焦点を当てるとよいでしょう。

 

MF3で使用されている羊は医療用動物として育てられているため「サプリメントのロールスロイス」と呼ばれるほどです。 プラセンタ選びの中でエキス抽出中に有効成分が壊れてしまっては元も子もありません。 おすすめはプラセンタの力が損なわれにくい酵素分解法または凍結酵素抽出法です。

 

あとはどのくらいプラセンタが含まれているかです。 プラセンタの選び方で最も混乱してしまいそうなのは配合量ではないでしょうか? エキスは原液タイプと濃縮した原末のタイプがあります。

 

原液は液体、原末は粉末で、原末のほうがプラセンタを多く摂取することができるますが、原液のほうが吸収力に優れています。 そして表記方法が濃縮した原末の量を記載している場合と、計算された後の量を記載している場合の2パターンがあります。

 

原末の配合量だけを見て少ないと思うのではなく、何倍に濃縮されどのくらい含まれているのかを計算してから配合量を確認するとよいでしょう。