プラセンタの安全性|プラセンタの口コミランキング

プラセンタの安全性

プラセンタの安全性

動物性から植物性まで多様にあるプラセンタですが、効果はもちろんですが安全性も気になるところですよね。 プラセンタの安全性はどうやって知る方法があるのかを少し考えてみましょう。 プラセンタは動物の胎盤から抽出されたエキスです。

 

その中でも使われているのは豚、馬、羊、ヒトがもとになっています。 今までプラセンタ製品による感染事例が確認されたというお話は耳にしていませんが、動物由来であるので未知の病原体が含まれる可能性はないとは言えません。

 

病原体が含まれる可能性を示唆されるとどれもだめなのでは?と思ってしまいますよね。 そのため安心するための基準を知っておく必要があります。

 

豚の場合は「SPF豚」または「SPFプラセンタ」を原料としている場合は、危険性がある菌やウィルスに感染しないよう徹底した品質管理のもとで育てられた豚から採取したプラセンタを原料としているので、未知の病原体がSPF豚に存在する確率は低くなります。

 

馬の場合はやはりサラブレッドでしょうか。 生産地はもちろんわかっているほうが安心ですが、馬自身デリケートで牛や豚、羊に比べて薬を多用できない動物です。 また体温が高いため寄生虫が馬に住みつく心配もなく、狂牛病や口蹄疫といった病気は偶蹄類に発症する病気のため奇蹄類の馬はそういった病気にかかりません。

 

羊の場合は日本で作られていません。 羊は牛と同じ偶蹄類ですので牛にかかる病気に羊がかかる可能性があるためです。 日本の薬事法で羊などの胎盤を原料として使用してはいけないこと。

 

そして薬事法でも販売基準が厳しく定められているため、厚生労働省が定めた原料の基準を満たしていないと販売することも禁止されています。 ヒトの場合はプラセンタ注射の副作用と同様です。

 

プラセンタの安全性は100%とは言えません。 ですが、何も知らないまま試してみようというよりも、どんなふうにプラセンタの安全性を確保しているのかを知り、正しい知識を持ってプラセンタを使うようにしたいですね。