プラセンタ注射の副作用|プラセンタの口コミランキング

プラセンタ注射の副作用

プラセンタ注射の副作用

プラセンタ注射を考えておられる方には副作用を懸念されてる方がいらっしゃると思います。 合うか合わないかは試してみないとわかりませんが、副作用が強く出てしまっては元も子もありませんものね。 プラセンタ注射の副作用はこれといって心配はないと考えていいと思いますが、100%とは言い切れません。

 

まず第一に注射針を使って投与するため、人によっては針の跡型が残ってしまうでしょう。 場合によっては注射針から感染症を引き起こす可能性も否めません。 一時注射針の使い回しで事件になったニュースもありましたね。

 

第二にプラセンタ注射投与後、アレルギー反応を起こす方が極々まれにいらっしゃるようです。 原因は注射針に対してなのか、別のものが反応したのかは不明ですので、プラセンタ注射のアレルギー反応とは言い切れませんがそういったリスクはあります。

 

プラセンタ注射の副作用で軽微なアレルギー反応が認められるのは、注射した箇所のかゆみや腕が重く感じるといった程度のことがあり得るようです。 しかし長くは続かず、半日ほどでおさまるようです。 第三にプラセンタ注射を受けたことがある人は献血を控えるように厚生労働省から通達されています。

 

プラセンタ注射の副作用で感染症にかかったという事例は報告されていませんが、プラセンタ自体がヒト由来の臓器から製造されているため、HIVやクロイツフェルトヤコブ病感染などのリスクを完全に否定することができません。

 

献血したいという方はプラセンタ注射の投与をしないほうがよいでしょう。 感染症の事例もなく、副作用もほとんどないことから危険性が極めて低いといえます。 プラセンタ注射を打とうかどうしようかと考えていらっしゃる方は副作用や献血、感染症といったリスクを理解したうえで病院に行くようにしましょう。